素敵な卓上カレンダー

安価でプリント印刷

カメラマンの仕事

手提げ袋の印刷の変化

一昔前と比べ、印刷技術の向上とコストの低下により、様々な物へのプリントが安価に行えるようになりました。手提げ袋への印刷もその1つです。企業にとっては、宣伝の意味合いも強い印刷となります。 例えば、イベントで普通のちらしを配るよりも、そのチラシをまとめていれる袋を渡した方が、『捨てられる可能性が少なく』『袋を持ち歩いてくれるため、宣伝になる』という2つの意味で効果があります。このような経緯から、イベントでは袋が配られる事が多くなっているようです。 また、単なる紙の手提げ袋から、見た目の発色が良いビニール製のものや、取っ手が比較的しっかりした素材のもの、中には丈夫な布製のものまで配布される事があるそうです。

今度の方向性

手提げ袋への印刷は、現在、比較的安価に行う事ができるようになっています。つまり、個人的な利用も可能になっているという事です。 今までは業者の宣伝と言う意味合いが強かった手提げ袋への印刷ですが、今後は個人的な集まりや、サークルなどの宣伝にも利用されるものと思われます。 また、業者が作る手提げ袋は『普段使いが出来る』という方向性があるようです。一時的な宣伝ではなく、普段使いが出来るデザインであれば、『誰かにちょっとした物を渡す時』に使ってくれる可能性があり、更なる宣伝効果を生む事が出来るからです。 普段は何気なく貰ってしまう手提げ袋ですが、こうやって調べてみると、様々なアイディアや工夫が凝らされています。

Menu